永井印刷工業
お知らせ
業務のお知らせ
暗証番号登録用伝票
環境にやさしい印刷
証券印刷
商業印刷
ビジネスフォーム
オンデマンド印刷
企画・制作
会社の概要
ご案内図
お問い合わせ
地球にやさしい印刷

 「地球規模の環境保護」は今日の人類に課せられた最も大きな課題です。
国や地方自治体のみならず一般企業の間でも、取引業者に対して、環境に配慮した製品の納入やツールの作成を義務づけるなど、環境問題に対する関心は近年益々高まっています。

 製品カタログやパンフレットなどの印刷物を「環境に配慮したもの」とすることは、環境問題に取り組む貴社の姿勢を対外的にアピールする上でも大きな意義を持ち、いわゆる「環境競争力」の向上に直結します。
 当社では「水・植物・自然」をキーワードに、環境保全に配慮した「地球にやさしい」印刷技術(エコ・プリンティング)の確立に積極的に取り組んでいます。

【当社が推進するエコ・プリティング】

  • 再生紙、非木材紙の使用
  • FSC紙の使用
  • 大豆油インキ(SOYインキ)や100%植物インキ(Non-VOCインキ)を使った印刷
  • 水なし平版印刷
  • 製本工程における、ダイオキシンの出ない溶剤の使用

[非木材紙]
 木材パルプの代わりに、成長速度の早いケナフやバカス、麻、バナナ材などを原料として生産された印刷用紙です。ケナフや麻などは野菜と同じように生産材であり、自然環境の破壊や資源に与えるダメージが少ないため、再生紙に代わって注目されつつあります。

[FSC ® 紙]
 適切に管理された森林から原料を得て作られた用紙。
FSC(森林管理協議会)の評価により、最終加工製品ができるまでに関係した企業全てが認証を受けた製品にのみ「FSC ®」マークを入れることができます。

[大豆油インキ]
 印刷インキに含まれる石油系溶剤の一部を大豆油に替えたものが大豆油インキです。
植物性の油ですので、有機化合物の大気中への揮発が少なく、また廃棄後の分解が容易で用紙を再生する際の脱色にも適しています。大豆油インキを採用した印刷物には「大豆油インキ」マークを入れることができます。

[Non-VOCインキ]
 鉱物油インキに含まれる揮発性有機溶剤を1%以下に抑えたものがNon-VOCインキです。
2002年に水なし印刷専用のNon-VOCインキがサカタインクス(株)より開発され、既に実用化されています。Non-VOCインキを使用した印刷物には「Non-VOCインキ」マークを入れることができます。

[水なし平版印刷]
 一般に行われている印刷工程では、俗に「湿し水」と呼ばれるIPA(イソプロピルアルコール)などの有害物質を含んだ水が使用され、その水が油をはじく性質を利用してインキがつかない部分を作り出しています。これに対して「水なし」印刷では、刷版の版材がインキをはじくという特性を利用しインキのつかない部分を作り出すことから、有害な廃液を含む「湿し水」を全く使用せず、現像工程の現像液使用量・廃液量も大幅に削減されるので、環境への負荷を格段に抑えた印刷が可能となります。

詳しくは当社営業部までお問い合わせください。

(c)NAGAI Printing Industrial co.,ltd.